Loading...
最新記事
  • お尻の黒ずみは美白食材とハイドロキノンでケアしよう

    お尻の黒ずみは美白食材とハイドロキノンでケアしよう

    2018-02-02(Fri)
  • 納豆

    トレンドはハイドロキノンと納豆で健康的な美白肌

    2018-01-15(Mon)
  • 手

    ハイドロキノン入りオールインワン化粧品は手のしみに

    2017-12-31(Sun)

ハイドロキノンでシミが消えるって本当?

ハイドロキノンはその美白力の高さから「肌の漂白剤」とも呼ばれています。
シミができる原因は肌にメラニン色素が出来てしまうことです。
ハイドロキノンはメラニン色素を合成する酵素のチロシナーゼの働きを抑制し、メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトの数を減らす働きがあります。
シミの原因となる酵素の働きを抑制することで、今あるシミを抑えて新しく作らないようにするという二つの効果で肌を白くしてくれます。
しかし美白力が高すぎることによって肌の一部分だけ白くなりすぎてしまう白斑という状態になってしまうことがあります。
ハイドロキノンは薬局などで販売されている化粧品にも配合されている商品があるため、手軽に購入することができます。
しかし、市販の化粧品に配合されているハイドロキノンは誰でも安全に使えるための濃度にしてあるため、美容外科などで処方されている物よりも効果は劣ると考える方が良いでしょう。
また、ハイドロキノンだけでは肌に浸透しにくいという弱点があります。それを補うために美容外科などではターンオーバーを促進して肌の深部にあるシミを排出する作用のあるトレチノインとの併用が一般的に行われています。
ハイドロキノンを使う場合の注意点として、熱や光に弱く、劣化しやすいという点です。
製造から1ヶ月以内のものでなければ効果がなくなると言われており、保存の際も冷蔵庫で保存しなければなりません。また、ハイドロキノンを塗った箇所は肌のバリア機能が弱まってしまっているため、紫外線の影響を受けやすくなります。
シミを消すためにハイドロキノンを使っていても、紫外線対策を怠っているとその武運に色素沈着が起こりやすくなってしまいます。

ハイドロキノンは美白効果もあるので若い女性にも人気

肌が綺麗になった女性美白は、自分のシミのタイプがどういったタイプのシミなのかを把握することが大切で、なおかつ、これからシミをできなくしたいのか、あるいは、既にあるシミを改善したいのかによって有効な成分が異なってきます。
美白効果のある化粧品が数多く販売されていますが、その美白効果成分は、メーカーによってことなりますので、購入時には、どの美白成分が含まれているのか確認してかうとよいでしょう。
その中でも、シミ撃退の有効成分として有名なのが、ハイドロキノンです。
ハイドロキノンは、現在既に出来てしまったシミに有効な成分として有名です。
肌の中には、メラニンと呼ばれる肌を紫外線などの外部刺激から守る組織があります。
このメラニンが正しく作動すると、肌のターンオーバーとともに、肌の生まれ変わりにより自然に剥がれ落ちていくのですが、肌が軽い炎症を起こし、これが過剰に反応してしまうとシミになります。ハイドロキノンの効果としては、シミの原因となるそのメラニン色素の生成を抑えるだけでなく、メラニン色素を作るメラノサイトと呼ばれる細胞そのものを減少させる働きがあります。
さらに、肌の深層部に沈着したメラニン色素にまで働きかける効果もありますので、現在既に出来てしまったシミにも効果的というわけです。
このハイドロキノンは、効果が高いかわりに副作用のリスクもあるので、現在の日本では、医師管理の元での利用が許可されています。シミなどの治療をしている皮膚科に行き、医師にシミの症状を相談すると、ハイドロキノンのチューブを処方してもらうことができます。ハイドロキノンの濃度は、1%から3%のものまでありますが、その判断は診察した皮膚科医が判断します。

ハイドロキノンを通販で購入する

20代前半までは、透明感のある肌をしていたので、お化粧のノリも良かったけれど、次第に肌の色がくすみがちになり、ファンデーションを厚塗りするようになったという方もあるでしょうね。
年齢を重ねていくと、徐々にお肌の中の美容成分が減少し、それによって皮膚のバリア機能が衰えるので、紫外線や花粉、ほこり、乾燥などの影響をまともに受けやすくなります。
シミやそばかすが出来やすくなり、くすんだような肌の色になるのはそれが原因なので、早めに美白化粧品に切り替え、透明感のある肌に導く必要があります。
通販をする女性最近人気の美白化粧品には、ハイドロキノンという成分が含まれていますが、これにはメラノサイトの働きを抑えて、メラニンの産生を抑制する働きがあるので、シミの除去や予防に役立ちます。しかし化粧品には現在、2%の配合しか許されていないので、長く使い続けているのになかなか効果があらわれないと感じている人は、美容クリニックへ行って、それ以上の濃度のハイドロキノンを処方してもらうことをおすすめします。
適切な濃度のハイドロキノンを利用すれば、少しずつ明るい色の肌に近づくことが出来ますが、肌への浸透力が弱い面があるので、トレチノインと併用した方が良いといわれています。
ハイドロキノンとトレチノインを併用すれば、さらに美白効果を高められますが、美容クリニックで二種類も処方してもらうと高くなるので、個人輸入代行通販から購入することをおすすめします。通販なら、美容クリニックまでわざわざ行かなくても、自宅などの好きな場所からいつでも注文出来ますし、処方箋がなくても送ってもらえるので、お肌のくすみを改善したいときは、サイトに注文するようにしましょう。